2010 .8.16!
ジャパンツアー開始からこのブログは
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)リアルタイムブログぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
に変わります!!

日々の子どもたち、各会場の情報や状況など、
晴れその日、 目その時、 揺れるハートその人の為に、リアルタイムにお届けします!!
是非一緒にお楽しみください!!



2010年01月29日

仕入れ、すすんでます♪

カンボジア雑貨の買い付けをしています♪

ちょくちょく市場に行っては、かわいいものを探してます。

カンボジアでは基本値札がついてないので
何を買うにも値段交渉をします。

それがとっても楽しい♪

カンボジアでは朝一番のお客さんで、その日1日のお客さんが決まると言われてるので
午前中に行くと安くしてくれやすかったりします。

だから、午前中を狙って買い付け。
少しでも安く販売できるように、がんばります☆

今日も朝から美和ちゃんと市場に行って、大量買い付けしてきました♪


今買い付けてる雑貨は

2月12日の森源太ワンマンライブ
2月13日の講演会

から販売を開始するので
カンボジア雑貨ブースを見つけたらぜひよろしくお願いします♪

カンボジア雑貨の売り上げは
ジャパンツアー募金になります。


えりこ@プノンペン



ちびっこ美和ちゃん、一生懸命雑貨を運ぶの図

IMG_0339.jpg
posted by ジャパンツアースタッフ at 18:15| Comment(0) | カンボジアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

ネスとタヴィ

2009_8_24_Cambo_S 139.jpg


NCCLA孤児院のみんなのお父さんとお母さんの
ネスとタヴィ。

2010年にジャパンツアーをやると決めた時に
まず2人にお話しに行きました。

今回バサックスラムと日本に行くにあたって
準備などで2人の力が絶対に必要になると思ったからです。

それに2006年、2007年に
NCCLA孤児院が日本に来てくれて
大成功をおさめたからこそ
今年まで繋がってるイベントなんです。

でもNCCLAのみんなだって日本のみんなに会いたいのは知っているし、
正直、ちょっと心苦しいミーティング。

だって、バサックスラムの子どもが日本に行く
=NCCLA孤児院は行けない
と言うことだから。

でも、ネスさんはこう言ってくれました。

『こうやってカンボジアの子どもたちにチャンスを与えてくれてとてもうれしい。
同じカンボジア人としてお礼をいいます。
どうもありがとう。
私たちに協力できることがあったら言って下さい。』

この言葉を聞いて、私たちは泣きそうになりました。
ネスさんの器の大きさは、やっぱりすごいなぁって思いました。


ネスさんがこう言ってくれたから
今バサックスラムでチャンレッに踊りの先生をしてもらうことができています。

それに、その言葉通り
ネスとタヴィは
『バサックはどう?』
『踊りの先生は大丈夫?』
といつも気にかけてくれていて
おかげで私たちも色々相談にのってもらって
とーーーーーっても助かっています。

今年のジャパンツアー成功に向けての
とても心強い協力者の2人です♪


えりこ@プノンペン
posted by ジャパンツアースタッフ at 23:51| Comment(0) | カンボジアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

踊りの練習開始☆

普段、子どもたちにはちゃんとした踊りの先生がついてません。

そこで、ジャパンツアーに向けて
踊りの先生をつけての練習が今日から始まりました☆

先生はチャンレッ。
2009_8_25_Cambo_S 3822.jpg


チャンレッは
第二回、三回目のジャパンツアーで大感動を巻き起こした
NCCLA孤児院の踊りの先生です。

NCCLAの踊りは本当にすごい。

NCCLAの踊りを見るたび
そうそうこれこれ!!!
ってテンションが上がります。

エンターテイメント性が
他で見るクメールダンスよりずば抜けてます。
2009_8_25_Cambo_S 3865.jpg


そんなNCCLAの踊りの先生チャンレッに
“バサックの子どもたちに踊りを教えてほしい”
と伝えたら
快く引き受けてくれました。


そして今日が第一回目の練習。

踊りが得意な子も
今日から踊りの練習を始める子もいます。
IMG_0233.jpg


踊りの練習はとっても厳しいです。

でも、日本に行く為にはがんばらないといけません。

私たちは“頑張った子だけ日本に連れていく”
と子ども達と約束しています。

なのでみんなとても真剣です。
IMG_0271.jpg


ジャパンツアーまであと半年ちょっと。

どこまで成長できるかとっても楽しみです♪


えりこ@プノンペン
posted by ジャパンツアースタッフ at 02:04| Comment(0) | カンボジアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バサックスラムについて

今回のジャパンツアーでは
バサックスラムの子供たちが日本に舞い降ります☆
IMG_3280.jpg

ちなみに
第一回目(2005年) バサックスラム
第二回目(2006年) NCCLA孤児院
第三回目(2007年) NCCLA孤児院

だったので、
バサックスラムは5年ぶり、2回目の日本です。

でも、この5年間で子どもたちは成長して
メンバーも入れ替わってるので
日本に行ったことのある子どもは
スライリンという女の子ただ一人だけです。

そのスライリンを中心に
子どもたちは日本へ行く為に色々頑張り始めました♪


そんなバサックスラムですが、
そもそも
“バサックスラムって何?”
って方が多いと思います。

HPがあるのでそちらを見てくださいね。
http://maketheheaven.com/cambodia/05kikin/bassac.html

バサックスラム 日々の様子はこちらから。
http://makecambo.blog.drecom.jp/category_12/


えりこ@プノンペン
posted by ジャパンツアースタッフ at 00:55| Comment(0) | カンボジアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

カンボジアの天使が舞い降りるJAPAN TOURが帰ってくる!!!

カンボジアの天使が舞い降りるJAPAN TOUR
3年ぶりに開催が大決定しました。

これからこのジャパンツアー公式ブログで
ジャパンツアーまでの毎日を一緒に楽しんでもらえたらと思います♪

みなさん応援よろしくお願いします。

えりこ@カンボジア



以下、告知文です。
転載大歓迎♪
ぜひみんなに伝えてください☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

NGO MAKE THE HEAVEN CAMBODIA Presents
カンボジアの天使が舞い降りるJAPAN TOUR Vol.4
3年ぶりに開催大決定!
〜君は本気を見たことがあるか。 今年の夏「本気」大公開〜

IMG_0399.jpg


『私は、あの子がこんなに笑うのを、初めて見ました。』


過去のジャパンツアーの時に、カンボジアの孤児院の子どもたちと交流した、
滋賀にある児童養護施設の先生が、ある日本人の女の子を指さしてそう言いました。

カンボジアと日本の、お互い過去を抱いた子どもたちが出逢い、
肩をくんで、笑いあう光景がそこにはありました。

私は、カンボジア事務所が出来てから一昨年までの3年間、カンボジアで子どもたちと笑ってきました。

天使って、ほんとにいるんだな。

心からこの子たちが、愛おしい。

そう思う瞬間が、何度も何度もありました。


子どもたちの過去は、簡単に語れるほど優しいものじゃなかったかもしれない。

でも、今を一生懸命生きている子どもたちは、キラッキラした目でいつも私に優しさと愛情をわけてくれました。


今、日本で生活している私の心の中には、いつもあの優しい子供たちの笑顔がいます。

今日、あの子たちが、誰かに優しくしていると思うと、私も誰かに優しくしよう。

今日、あの子たちが、笑って過ごしているなら、私も笑って生きよう。

遠く離れた空の下、そう思いながら生きています。


一人でも、多くの日本人に、あの子たちと出会ってほしい。

それは、何年たった今でも、私の中でゆるがない想いです。


この数年、今年はジャパンツアーないの? 子供たちはいつ来るの?

の質問を沢山の方からいただいていました。

楽しみにしていた方、大変お待たせいたしました。

いよいよ、3年ぶりにジャパンツアーが大復活します!!


今年は、バサックスラムで、共同生活をしている子どもたちを呼ぶ予定です。
IMG_1518.jpg


孤児や当NGOが食料支援をしている子どもたちが対象です。

バサックスラムの子どもたちの紹介ビデオ
http://www.youtube.com/user/3funny3funny3funny3#p/a/u/0/MjS6JUgH8cM


今年のツアーは、全国4ヶ所(予定)で、子どもたちの伝統舞踊を披露するほか、

いろんなアーティストのライブやトークなどを行ったり、キャンプなどを通して、

日本とカンボジアの子どもたちの交流を予定しています。


今年のテーマは本気。

カンボジアの子どもたちの本気だけでなく、私たち日本人の大人の本気、沢山の縁でジャパンツアーを成功させたい。

現地の駐在員スタッフと、日本にいる数名の有志スタッフでタッグを組み、本気を伝えていきます。


4回目となる今回のジャパンツアー、今回も日本全国の皆さんとワクワクしたいと思います。


NGO MAKE THE HEAVEN CAMBODIA
森 絵美子 (プノンペン事務所初代駐在員・現カンボジア支援経理担当)



■子どもたちをあなたのご縁で呼ぼう!  募金目標金額600万円!
(子どもたちの渡航費(航空券、ビザ、パスポート代など)300万+日本国内ツアー運営費300万 予定)



<大募集その1   ご縁支部さん>

一緒に、募金を集めてくださるご縁支部さん大募集
学校・職場・サークル・・・ あなたの方法で、あなたの本気で、1万LOVE と ご縁募金 を集めてください。

募金チラシと、募金ステッカーを送ります!!  (2月上旬に郵送予定)

配布可能枚数と、連絡先(住所・氏名・電話番号)をメールください。
(cambodia@maketheheaven.com ご縁支部やります!係  まで)



<大募集その2   さっそく募金さん>

2通りの募金方法があります!!


☆1万LOVE☆ について  (一口一万円の募金)

◎締め切り
1次集計  3月末     
2次集計  5月末    
最終締め切り 7月15日

一万LOVEにご協力いただいた方には、お礼にバサックスラムの子どもたちからハガキが届きます。

HP上にお名前を掲載いたします。




☆ご縁募金☆  について 

ご縁(5円・50円)が、人の為に使うお金ということが当たり前の世の中になったらいいな、
という発想から、第1回目から5円と50円募金を集めています。
もちろん、5円・50円以外でも大歓迎です。

やってみようと思ったその時から、さっそく御縁を紐に通して集めてみて下さい。

ご縁がい〜っぱい集まった方は、その写真をブログに掲載いたします。
(写真データの送り先   cambodia@maketheheaven.com)

◎ご縁募金締め切り
最終締切り  2010年7月15日までに、下記口座にお振込みください。
もしくは、当日イベント会場までお持ち下さい。



■振込先
郵便振替口座  草壁郵便局
口座番号  01630-5-111775
口座名称  ジャパンツアー御縁募金基金係 (係 を入れるのを忘れずに!)


ゆうちょ銀行への他の金融機関からのお振込みの歳は、以下4点をご指定下さい。
店名  一六九店(イチロクキュウ店)
預金種目  当座
口座番号  011775
受取人名  ジャパンツアーゴエンボキンキキンカカリ


ホームページはこちらです!!!   
ジャパンツアー情報はこれからどんどん増えていきます!
http://maketheheaven.com/cambodia/


問い合わせ先
Mail : cambodia@maketheheaven.com
担当 森絵美子 (TEL: 090-2935-0516)


ジャパンツアー日程(予定) 8月17日〜8月30日
イベント開催予定地:  香川県小豆島・兵庫県・三重県・静岡県・東京都
(詳細が決定しましたら、当HPで発表していきます)

  
最後に・・・
子どもたちを日本に呼ぶ為に、多額のお金が必要になります。
そのお金があれば、たくさんの支援が出来ることは、現地で支援金を使わせて頂いている私たちにとって、
とてもよく理解しています。

けれども、今回も子ども達を日本に呼ぶことは、お金に変えられないものがあると信じて、
開催を決定しました。

どんな環境や状況であっても、笑顔で元気いっぱいに過ごしている子どもたち。
物やお金が幸せの判断ではないことを、カンボジア(バサックスラム)の子どもたちに出逢うことで、
日本のみなさんに感じてもらいたい。
そこから、自分に出来ることは何だろうって、考えるきっかけになったら嬉しいです。

そして、親がいないなど、様々な環境で育ってきたバサックスラムの子たちには、
日本のみんなと交流することによって、日本にはみんなの事が大好きな友達がいっぱいいるよ。
って沢山の愛情を伝えてあげたいのです。
それが、バサックの子たちのこれからの自信に繋がり、子どもたちの夢につながると信じているからです。

※ツアーイベントでの収益は、バサックスラムの子どもたちの将来の為に、土地を購入し、
建物を建てたり、畑で野菜を育てたりと、自立を向けての支援に使う予定です。


みなさんのお力、ぜひお貸し下さい。 一緒に子どもたちを迎えましょう。
posted by ジャパンツアースタッフ at 03:17| Comment(16) | 本部からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。