2010 .8.16!
ジャパンツアー開始からこのブログは
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)リアルタイムブログぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
に変わります!!

日々の子どもたち、各会場の情報や状況など、
晴れその日、 目その時、 揺れるハートその人の為に、リアルタイムにお届けします!!
是非一緒にお楽しみください!!



2010年01月27日

ネスとタヴィ

2009_8_24_Cambo_S 139.jpg


NCCLA孤児院のみんなのお父さんとお母さんの
ネスとタヴィ。

2010年にジャパンツアーをやると決めた時に
まず2人にお話しに行きました。

今回バサックスラムと日本に行くにあたって
準備などで2人の力が絶対に必要になると思ったからです。

それに2006年、2007年に
NCCLA孤児院が日本に来てくれて
大成功をおさめたからこそ
今年まで繋がってるイベントなんです。

でもNCCLAのみんなだって日本のみんなに会いたいのは知っているし、
正直、ちょっと心苦しいミーティング。

だって、バサックスラムの子どもが日本に行く
=NCCLA孤児院は行けない
と言うことだから。

でも、ネスさんはこう言ってくれました。

『こうやってカンボジアの子どもたちにチャンスを与えてくれてとてもうれしい。
同じカンボジア人としてお礼をいいます。
どうもありがとう。
私たちに協力できることがあったら言って下さい。』

この言葉を聞いて、私たちは泣きそうになりました。
ネスさんの器の大きさは、やっぱりすごいなぁって思いました。


ネスさんがこう言ってくれたから
今バサックスラムでチャンレッに踊りの先生をしてもらうことができています。

それに、その言葉通り
ネスとタヴィは
『バサックはどう?』
『踊りの先生は大丈夫?』
といつも気にかけてくれていて
おかげで私たちも色々相談にのってもらって
とーーーーーっても助かっています。

今年のジャパンツアー成功に向けての
とても心強い協力者の2人です♪


えりこ@プノンペン
posted by ジャパンツアースタッフ at 23:51| Comment(0) | カンボジアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。